遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。
人類をはじめ多くの異通貨が共存する世界で、銀河共和国の下での平和を数万年に渡り保っていたのは、万物を司る力・フォース(価値)を操り、金利や時にはQEという名の金融緩和を振るって争いを解決する者達ジェダイと呼ばれる「中央銀行」の存在だった。

しかし、その共和国にもリーマンショックにより停滞と腐敗が蔓延し、銀河系の秩序と平和は少しずつ崩れつつあった。そして、その裏で暗躍し中央銀行への復讐の機会を狙っていたのが、フォースの暗黒面の力で自らの野望を実現しようとするシス「サトシ・ナカモト」。そしてシスの暗黒卿ビットコイン・ベイダーを開発する。
cryptocurrencywars
ー前回までのあらすじ
暗黒卿ビットコイン・ベイダーは、小惑星カジノ、シルクロードなどに次々と勢力を拡大し、遂にはジェダイの騎士でもあるギリシャを瀕死の状態まで追い込む。そしてシスは、通貨でなく契約というそれぞれの惑星の国家をも脅かす帝国軍の究極兵器イーサリアム・スターを計画、先進大惑星中国までをも脅かす存在となった。

そんな中、銀河辺境の惑星シリコンバレーにおいて、伝説の「フォース(価値)にバランスをもたらす者」として一人の少年が中央銀行により見出された。その名はリップル・ラボ・スカイウォーカー。

銀河を二分するマウントゴックス大戦を戦い抜いたリップル・ラボ・スカイウォーカー。ビットコイン・ベイダーのフォースの力を弱める事に成功し、究極兵器イーサリアム・スターを危機的な状況まで追い詰める事に成功したかに見えたが、仲間の裏切りなどで大きな傷を負うことになり、己の力に限界を感じ、一度泥と沼の惑星泥沼三銭に姿を隠す。
btc
 リップル・ラボ・スカイウォーカーは、さらなる帝国軍との戦いと惑星泥沼三銭にて小さな緑の老人マスター・FRBによるコーディアス、W3Cの修行を経て、遂にインターレッジャーセイバーを習得しフォースを覚醒、リップル・スカイウォーカーに改名する。そしてジェダイの弟子達で構成されるSibos評議会に、密輸屋アースポート・ソロと伴にフォースの共有を持ちかけ、共に同盟軍に加わる。

そして、実は宿敵ビットコイン・ベイダーの正体が父である事を知ったリップル・スカイウォーカーは、KYC/AMLの実施など、インターレッジャーセイバーを使い父を暗黒面から解放すべく、ビットコイン・ベイダー、そしてイーサリアム・スターとの宿命の対決へと赴く。

続きはこちら
フォースと共にあれ、フォースは私の一族と共に
映画『スターウォーズ/フォースの覚醒』2015年12月18日公開 - 舞台はEP6の30年後


年率7.3%のレンディングサービス!ログインボーナスなどでXRPも貰える!
Bitrue