2009年にノルウェーの男性が、24ドル(約2400円)分のビットコインを購入した。4年後、その男性のビットコインの価値は、なんと数千万円に膨れ上がった。本企画は、暗号通貨に関心の無い一般主婦が、初期投資ゼロから暗号通貨を無料で貰い、他の通貨に交換しながら、4年後にいくらまで増やす事が出来るのかという企画です。
satomi
暗号通貨革命:Spells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)の醍醐味は、ゲームの内容だけでなく、そのトレーディングカードを友人や世界中のプレイヤートと交換や売買する事が可能な事です。前回購入したSHUMAIカードの案内ページには、「価格は固定レートですが将来的に引き上げられる可能性があります。(現在の価格より下がることはない)」と記載されています。将来的には、このカードの価値は上がりそうですが、今は出来るだけリップルの保有数を増やしたいので、今回は1枚だけ、この企画を応援して頂いている方やスペルズ・オブ・ジェネシスファンと物々交換してみようと思います。
1423
さとみさん:物々交換ってどうゆう意味ですか?

暗号通貨革命:SHUMAIカードは現在0.01btcでやり取りされていますので、このレートで交換して頂ける方を募集しましょう。通常は、見知らぬ方と交換をする場合はエスクローサービスのニーズが発生します。

さとみさん:エスクローサービスってなんですか?

暗号通貨革命:物品などを売買する際に取引の安全性を保証する仲介サービスです。 売買の当事者以外の第三者が決済を仲介して、代金を一時的に預かる事によりトラブルを回避します。

さとみさん:それって手間がかかりますか?

暗号通貨革命:今回は、小額なのでトラブルにはなりにくいと思いますが、私がその役割を担おうと思っています。

さとみさん:今回第三者が入る意味があるか分かりませんけど、確かにカードを先に送ったけど、結局相手からは暗号通貨を送って貰えなかったなんて事もありそうですね。

暗号通貨革命:暗号通貨の送付スピードもそれぞれ異なるので、仮に同時に行ったとしても同じタイミングで受け渡しをする事は困難です。こういった仲介サービスのニーズはこの業界にはあると思っています。私が価値を保証しますので、今回は意味があると思いますよ。

さとみさん:すいません。お願いします。でも私が知らない方にカードを送る事って出来るかしら。難しくないですか?

暗号通貨革命:SHUMAIカードを送るのは、送り先のカウンターパーティーのアドレス宛てに送付するだけで大丈夫ですから簡単ですよ。

さとみさん:そうなんですか?確かにカードは2枚ありまし、ゲームはやれないので1枚どなたかに譲ってもいいですね。でもこのカードを欲しいなんて方いらっしゃるんですか?
 
暗号通貨革命:ちょっと分かりませんが、とにかくトライしてみましょう。
さとみさんと交換したい!と思った方は、ビットコインもしくはリップルでの物々交換をお願いします。レートは、0.01btc=305XRP(8月28日)とさせて頂きます。なおビットコインで送付された場合は、さとみさんには私からリップルで送付します。

参加方法
・先着1名とさせて下さい。
・以下図の赤枠で囲った「ツイッター」もしくは「フェイスブック」から、以下3点を記載の上ご連絡下さい。
1 交換方法 ビットコインorリップル
2 さとみさんとSHUMAIカードを交換したい
3 カウントパーティーのアドレス
※SHUMAIカードを貰うには、カウンターパーティーのウォレットが必要です。お持ちでない方は、事前にしゅうまいさんのブログから「カウンターお財布」をダウンロードして下さい。

該当の方には、折り返し暗号通貨革命から送付先アドレスをご連絡させて頂きます。送付が確認された段階で、さとみさんから直接応募者の方のカウンターパーティーアドレス宛てにSHUMAIカードを送付させて頂きます。※応募が無いので締め切らせていただきます。
暗号通貨革命ツイッター
あとがき        
暗号通貨革命:企画自体の「わらしべ暗号長者」らしく、今回は初めてこのブログの読者の方との物々交換にチャレンジをしてみようと思っています。日本では、暗号通貨は物扱いなので、今の所売買ではないですね。価値的にも300円程度なので、優しいどなかたかに協力して頂けると助かります。この企画を通して、世の中の価値が暗号技術に変化している事を人々に伝えて行けたらと思っています。ゼロからスタートしたさとみさんの資産が徐々に増えて行く事が、彼女自身や人々の関心を引く事にもつながり、最終的には日本の普及に繋がって行くと信じています。それだけの可能性が、暗号通貨にはあると思っています。
 
分散型取引所オープンレジャーでBitsharesを手に入れろ!