以前、ベンチャーキャピタルの社長から質問を受けました。
我々VCが投資先企業を検討する時
1)経営者の資質
2)業界
の2点のうち、どちらを重視して投資を行うと思いますか?

私は2だと回答しました。

その方は「正解」ですと答え、我々VCは市場規模があり、成長性の高い業界に投資を行います。なぜならば、「そちらの方が失敗する確立が低く、高いリターンが得られる可能性があるからです」と答えました。

つまり、マーケット自体が成長している業界であれば失敗する確立が低く、さらに市場規模が大きければ、業界自体に分散投資を行っていれば、1つでも成功すれば巨大なリターンを得る事が可能なのです。

暗号通貨業界は、今後高い成長をすると思いますが、それぞれターゲットとしている層や市場が違い特徴があります。当然全てが成功するわけではありませんし、その殆どはペニー(クズ)通貨のままでしょう。また、現在は未稼働プロジェクトの資金調達の場ともなっており非常に危険です。詐欺を前提として作られたものもあるでしょう。

市場は未公開株 規制の存在しないマーケットはインサイダーや仕手筋だらけ
映画 「 ウルフ・オブ・ウォールストリート」を観た事がありますでしょうか?1ドルにも満たないペニー株を、巧みな話術で金持ちに売りつけ巨額な富を手にし、一気にウォール街のカリスマとなったジョーダン・ベルフォートの実話を基にした映画です。

プロジェクトも始まっていないクラウドファンディングなんてかなり危険です。我々は、映画で主演のレオナルド・ディカプリオから、将来大化けすると言われ電話先でペニー株を購入しているのと同じなのです。また映画ではIPOの際に主幹事である証券会社が法律を潜り抜ける為に、事前に別の個人名義で株を購入し、売り抜けるシーンがあります。

しかし暗号通貨業界では、規制はありませんから堂々と行われている可能性があります。つまり取引所が、ペニー通貨を事前にクラウドファンディングや取り扱いを開始する前に購入しておき、リリースの値段が上がったタイミングで売り抜けるのです。

冷静になって考えれば分かると思いますが、利害関係者である取引所自身が、特定の暗号通貨をビットコインのようにしたいなんて言っている場合は危険でしょう。私達は、ビットコインの成長の実績という夢を追いながらも、本物の暗号通貨を見分けなければなりません。
パラマウント・ピクチャーズ(日本版):『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 予告編(2013.11.27)
 

年率7.3%のレンディングサービス!ログインボーナスなどでXRPも貰える!
Bitrue